ウーバーイーツ配達のコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達用カバンの交換方法を解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)カバンの交換方法

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用カバンの交換方法を紹介します。

配達用カバンは消耗品なので、少しずつダメージを受けていきます。

  • マジックテープが効かなくなった
  • ファスナーが壊れた
  • 差し込みバックルが壊れた(肩紐についてる胸の前でカチャっと止めるやつ)
  • 汚れがひどい

など、使用不可になってしまったら、すぐに交換してもらいましょう。

交換は無料で行ってくれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達用カバンの交換方法

配達用カバンの交換方法は簡単です。

  • 最寄りのパートナーセンターに訪問
  • 交換希望を受け付けの人に伝える

この2つの流れですぐに交換してもらえます。

最寄りのパートナーセンターに訪問

まずは、最寄りのパートナーセンターに訪問しましょう。

訪問する際、事前予約は不要です。

最寄りのパートナーセンターを探して、直接訪問してください。

UberEats(ウーバーイーツ)のパートナーセンター
Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターの場所を紹介!アクセスや営業時間は?今回は、UberEats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターの場所を紹介します。パートナーセンターは、配達ドライバーのサポート窓口です。登録時の説明会や配達バックの交換や返却、配達パートナーの退会手続きなどを行う際に活用します。 ...

その際、自分の配達用カバンを忘れずに持って行くようにしてください。

現物交換になるため、カバンを持っていかないと、交換してくれません。

交換希望を受け付けの人に伝える

パートナーセンターに訪問したら、受付の人に「配達用カバンの交換をお願いします。」と伝えてください。

新宿のパートナーセンター
(↑パートナーセンター(新宿)の受付の様子)

すると、「席にかけて、少々お待ちください。」と言われるので、呼ばれるまで待ちましょう。

新宿のパートナーセンター

順番が来たら、スタッフが案内してくれますので、指示に従ってください。

私の場合は、スタッフに、交換したい理由を聞かれたので、「マジックテープが効かなくなってしまいました。」と伝え、実際にカバンを見てもらったらすぐに交換してくれました。

特に書面による手続きもないため、スムーズに交換してもらえます。

ただ、私がパートナーセンター訪問した時は、少し混雑していたため、10分ほど待ち時間がありました。

待ち時間なく交換したい場合は、パートナーセンターの営業開始時間直後に行きましょう。

営業開始直後であれば、お客さんもいないため、待ち時間なくすぐに交換してもらえます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達用カバンを交換するときの注意点

パートナーセンターには駐輪場がない場所が多いです。

(駐輪場があるのは、京都のみ。)

そのため、自転車やバイクに乗ったまま、パートナーセンターに行ってしまうと、自転車やバイクを止めることが出来ません。

パートナーセンターの前には、Uber Eatsのスタッフが立っており、一時的にでも無断駐車することはできません。

パートナーセンターに訪問する時は、近くの駐輪スペースに駐車して、徒歩で向かうようにしてください。

まとめ

配達用カバンの交換方法を紹介しました。

カバンを交換したい時は、パートナーセンターに訪問して、スタッフに「カバンを交換して欲しい」と伝えればOK
です。

壊れたり、汚れたりした配達カバンで配達を続けるのは、料理を安全に運ぶことや、料理の衛生面に不安が生じます。

注文者に美味しい料理を届けるためにも、きちんとしたカバンで配達を行いましょう。