ウーバーイーツの基礎

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員が現金払いに対応する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が現金払いに対応

今回は、配達パートナーが現金対応する方法を紹介します。

配達パートナーは、現金払いに対応した方が、配達依頼件数が増え、報酬もアップします。

現金払いで注文するお客さんも少しずつ増えてきているため、現金払いに対応できるように準備しておきましょう。

記事の後半では、「お客さんの前で小銭が足りないことに気が付いた際の対処方法」も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金払いに対応する方法

まず、配達パートナーが現金払いに対応するために、クレジットカード(もしくはデビットカード)を登録します。

クレジットカードを登録する理由は、注文金額と受け取った金額の差額を、クレジットカードで返済するためです。

例えば、3,000円の注文金額に対して、配達パートナーの報酬が800円だった場合、2,200円が手元に残ります。

2,200円はそのまま貰えるわけではなく、後日、Uber Eats(ウーバーイーツ)から請求が来ます。

手元に残ったお金をUber Eats(ウーバーイーツ)に返金するために、クレジットカード(もしくはデビットカード)の登録が必須となります。

クレジット情報を入力するためには、まず、ドライバー用アプリを起動して、右上のプロフィールをタッチしてください。

ウーバーイーツのドライバーアプリ

「アカウント」をタッチしてください。

乗り物変更手続き

「お支払い」をタッチしてください。

現金払いの設定画面

「Uberへのお支払い」をタッチしてください。

クレジットカードの登録

「次へ」をタッチしてください。

現金払いの設定画面

「デビットカードまたはクレジトカード」をタッチしてください。

クレジットカードの登録

クレジットカードやデビットカードの情報を入力して「保存」をタッチしてください。

以上で、支払い方法の設定が完了です。

ただし、クレジトカードやデビットカードを入力して、すぐに現金対応できるわけではありません。

カード情報を登録してから、現金払いに対応するまで2-3日ほど時間がかかります。

アプリの設定方法

クレジットカードやデビットカードを入力して、2日から3日経つと、ドライバー用アプリで、「現金払いの配達依頼を受けるかどうか」の設定ができるようになります。

アプリ上で設定しないと、現金払いの依頼を受けることができませんので、注意してください。

まず、オンラインにした状態で、左下のボタンをタッチしてください。

次に、右下のボタンをタッチしてください。

すると、「現金払いを受け付ける」という項目が表示されますので、「受け付ける」に設定して、「保存」をタッチしてください。

以上で、現金払いに対応することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いに対応するための準備

次に、現金払いに対応するために、必要な物を準備します。

小銭

現金払いに対応するためには、小銭が必要です。

銀行や郵便局の窓口に行って、お札を両替してもらいましょう。

  • 1,000円×10枚
  • 500円× 5枚
  • 100円×20枚
  • 50円×5枚
  • 10円×20枚
  • 5円×6枚
  • 1円×20枚

1万円札を1,000円札に、5,000円札を上記の小銭の枚数に両替してもらえば、ピッタリ用意できます。

支払う機会が多い「100円」「10円」「1円」は、多めに用意しておくことをオススメします。

支払い用の小銭ケース

小銭ケース
注文者に支払う用に小銭ケースを用意しましょう。

通常の財布や小さなポーチの中に小銭をまとめて入れた状態では、お釣りを渡すたびに、小銭を探さなければいけません。

1円は1円、10円は10円でまとめて収納しておいた方が、小銭を探す手間も省けます。

私は、100均に売っている小銭ケースを購入しました。

手のひらサイズのため、持ち運びも便利です。

受け取り用のお札、小銭入れ

注文者から受け取ったお札や小銭を収納する入れ物も必要です。

お札はお札、小銭は小銭と、それぞれ分けて用意するのがオススメです。

小銭を受け取るたびに、小銭ケースに収納するのは手間がかかります。

受け取った小銭は、専用の入れ物に入れておき、空き時間に支払い用の小銭ケースに移動させましょう。

ウエストポーチ

小銭ケースや小銭入れ、札入れを入れるウエストポーチも必要です。

配達中は、配達バッグを背負っているため、斜めがけで前にかけるか、配達バックの中に入れておきましょう。

お金の管理ボックス

受け取ったお金を管理するために、収納ボックスも用意しましょう。

現金払いに慣れていない配達パートナーは、受け取った現金がすべて自分の収入だと勘違いします。

ですが、受け取った現金から、後日、報酬を引いた金額が請求されます。

例えば、現金払いで受け取った現金が、手元に1万円あったとしても、後日、商品代金と報酬額の差額が請求されるため、手元に残る金額は半分以下です。

銀行口座に預金がなく、クレジットカードの支払いが滞らないように、受け取ったお金の管理はしっかり行いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の流れ(現金払い)

「現金払い」「クレジットカード払い」は、注文を受けた後でないと分かりません。

お店で料理を受け取った後に表示される画面に「現金を受け取る」と表示された場合は、現金払いです。

「現金を受け取る」ボタンをタッチすると、注文金額が表示されます。

上記の金額を、料理を渡す前に受け取ってください。

この時は、注文者が1万140円を出してきたので、8,000円のお釣りを渡してから料理を渡しました。

お釣りを渡す時に焦ると余分にお金を渡してしまう恐れがあるため、ゆっくり丁寧に対応しましょう。

現金を受け取って、料理を渡したら、「配達済み」ボタンをタッチして、配達完了です。

現金払いに対応しているエリア

2019年4月現在で、現金払いに対応している地域は、以下の8都市です。

  • 東京府
  • 大阪府
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 愛知県
  • 福岡県

神奈川県(横浜、川崎)のみ未対応ですが、今後、現金払い対応エリアになるでしょう。

配達パートナーが現金(お釣り)を持っていないときの対処方法

現金払いが続くと、手持ちの小銭が減り、お釣りが足りない時があります。

注文者にお釣りを渡している段階で、お釣りが足りないことに気が付いたら、謝罪をしてすぐに小銭を用意しましょう。

その際、「商品は渡さない」「支払い代は受け取らない」ようにしてください。

なぜなら、小銭を用意して戻ったときに、クレームの原因になるからです。

例えば、料理が冷めてしまうからといって、現金を受け取らずに、先に料理だけ渡してしまうと、「さっき支払ったよ」ととぼけられることがあるからです。

また、居留守を使われて、現金を受け取れない可能性もあります。

お釣りが足りない場合は、注文者に少し待っていただけるようにお願いして、すぐに小銭を用意しましょう。

配達パートナーが現金払いに対応するメリットとデメリット

メリット
・配達依頼件数が増える
・報酬金額も増える
・Uber Eats(ウーバーイーツ)側からの引き落としでクレジットカードにポイントが付く
・チップをもらえる可能性がアップする
(雨の日に現金配達していたら、1,000円のチップをもらったことがあります。(笑))

デメリット
・小銭を用意する手間が増える
・小銭を持ち歩かなければいけない
・小銭を渡し間違えて損する可能性がある(50円玉と100円玉を間違えるなど)

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが現金払いに対応する方法を紹介しました。

現金払いに対応した方が、配達依頼件数が増えて、報酬額もアップします。

現金払いする注文者も増えてきており、今後も増えていくでしょう。

現金払いを避けていると、配達依頼が届かなくなり、1時間オンラインしていても、1件も配達依頼が届かない事態になってしまいます。

慣れれば現金払いも簡単ですので、すぐに対応するようにしましょう。