ウーバーイーツの基礎

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときの流れを徹底解説

UberEats(ウーバーイーツ)の流れ

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときの具体的な流れを紹介します。

初めての配達は、分からないことだらけで不安ですよね。

配達未経験者は、全体の手順を把握して配達した方が、戸惑うことなく、スムーズに配達できます。

配達開始から完了までの流れを図解を元に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときの流れ・手順

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときの流れは、大きく分けると以下のようになります。

  • Uber Eatsに登録する
  • Uber Eatsのアプリをオンラインにする
  • 配達のリクエストを受ける
  • お店へ料理を取りに行く
  • お店で料理を受け取る
  • 注文者の元へ配達する
  • 注文者に料理を渡す

1つずつ解説していきますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する

まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録しましょう。

登録手続きを完了させないと、配達パートナーとして仕事ができません。

以下の記事に具体的な登録方法や必要書類をまとめましたので、ぜひご覧ください。

UberEats(ウーバーイーツ)の始め方
Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方!配達パートナーに登録する方法今回は、UberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法を紹介します。配達パートナー(アルバイト)として働くためには、事前登録と本登録が必要です。パソコン(PC)やスマホから登録できますので、気軽に申し込みましょう。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをオンラインにする

Uber Eatsのアプリを起動させて、オンラインにします。

(「出発」のボタンをタップすると、オンラインにできます。)

ウーバーイーツのオンライン画面

Uber Eatsの配達パートナーは、オンラインにすることで、配達依頼を受けることができます。

逆に、オフラインの状態では、配達依頼が来ませんので、「配達したいときはオンライン」「配達しないときはオフライン」にする必要があります。

配達のリクエストを待つ

オンラインにしたら、Uber Eatsから配達リクエストが届くのを待ちます。

11時から13時のランチタイムや18時以降のディナータイムは、注文数が増えるため、配達依頼が届きやすいです。

また、土曜日や日曜日といった祝日や、雨や強風などの悪天候のときは配達のリクエストが増える傾向になります。

  • 休日はUber Eatsで料理を注文する人が増える
  • 悪天候時は配達パートナーが減る

などいった理由で、オンラインにしている配達パートナーに配達依頼が集中するためです。

逆に、平日の9時から11時、14時から17時までの間は、料理を注文する人が減るため、配達依頼が届きにくいです。

効率よく配達したい場合には、配達依頼が集中するランチタイムやディナータイム、休日、悪天候時を狙って、オンラインにすることがオススメです。

配達のリクエストを受ける

配達リクエストが届くと、以下のように表示されます。(ピコンっと音もなります。)

ウーバーイーツの配達依頼

青いボタンのところをタップすると、配達依頼を受けることができます。

(「1分」と書かれているのは、現在地からお店までのおおよその所要時間です。)

ちなみに、配達リクエストは、すべてを受けなくてもOKです。

  • 現在地から距離がある
  • 今は少し休憩したい
  • 気分が乗らない

など、の理由で配達を受けたくない場合は、左上の「拒否する」ボタンをタップすれば、配達リクエストを拒否できます。

ウーバーイーツの配達拒否

ただし、配達拒否を続けていると、「配達応答率」が下がります。

配達応答率が下がると、ウーバーから配達パートナーとしての評価を下げられてしまい、配達リクエストが届きにくくなってしまいます。

配達したくない時は、アプリをオフラインにするように心がけましょう。

お店へ料理を取りに行く

配達リクエストを受けると、現在地とお店の地図が表示されます。

ウーバーイーツの現在地とお店の地図

地図を頼りに、自転車やバイクでお店に向かいます。

具体的な道案内が必要な場合は、右下にあるナビゲーションボタンをタップすると、グーグルマップが起動して、道案内をしてくれます。

ウーバーイーツ道案内

※事前にグーグルマップアプリのインストールが必要です。

お店の場所が分からない場合

配達を繰り返していると、「お店が2階にある」「看板が出ていない」などといったケースがたまにあります。

どうしてもお店の場所が分からない場合は、お店に直接電話しましょう。

以下の画像のように、店名の横に電話マークのボタンがあります。

ウーバーイーツ電話連絡

電話マークのボタンをタップすると、お店と直接電話することができ、お店へのルートを詳しく教えてくれます。(電話代は自腹ですので、注意してください。)

お店で料理を受け取る(ピックアップ)

お店に到着したら、自転車やバイクを停めて、店内に入ります。

この時、店内に入る前に「レストランからの注意事項」と確認しましょう。

お店によっては、入店方法や受取方法に指定がある場合があります。

ウーバーイーツ(レストランからの注意事項)

マクドナルドの場合ですと、店内に「商品のお渡し口」があるため、お客さんの列に並ばなくても、すぐに料理を受け取ることができます。

そして、店内に入ったら、店員さんに「Uber Eats(ウーバーイーツ)です」と伝えます。

その際、注文番号を聞かれるため、「注文品を集荷」の下に記載されている番号を伝えます。

ウーバーイーツ(料理の注文番号)

店員さんから料理を受け取ったら、チェックボックにチェックを入れて、「配達を開始する」ボタンを右にスライドして、配達を行います。

ウーバーイーツ(配達開始)

Uber Eats用語で、お店で料理を受け取ることを「ピックアップ」と言います。

お店の対応を評価する

「ピックアップはいかがでしたか?」という欄にある「バット」と「グット」ボタンは、お店の対応を評価できます。

ウーバーイーツ(ピックアップの評価)
  • お店側の対応が悪い
  • お店に到着してから長時間待たされた
  • 料理の梱包が雑

など、不快な思いをしたら、お店に対して「バット」評価をすることができます。

複数の配達パートナーから「バッド」の評価が溜まると、Uber Eats側からお店に厳重注意が入ります。

お店側の対応に問題がなければ、「グット」ボタンを押せばOKです。

注文が複数ある場合(ダブルピックアップ)

配達の中には、1つのお店で複数の料理を受け取る場合があります。(Uber Eatsでは「ダブルピックアップ」と言います。)

ウーバーイーツダブルピックアップ

ダブルピックアップを受けた場合は、お店からの距離が近い1人目の注文者に料理を届けてから、2人目の注文者に料理を届けます。

配達件数は2件としてカウントされ、2件分の報酬が支払われます。

注文者の元へ配達する

料理を受け取ったら、注文者の元へ配達します。

「配達を開始する」ボタンを右にスライドすると、自分の現在地と注文者の住所が表示されます。

ウーバーイーツ(現在地とお客様の住所)

お店までの移動と同じように、地図を見ながら、配達先を目指します。

配達先は、一軒家から、マンション、オフィスビルまでさまざまです。

だいたいの注文者が「玄関先まで配達」を希望されますので、地図を頼りに、玄関先まで配達します。

注文者の住所が分からない場合

住所のみで建物名や部屋番号が書かれていなかったり、住所までの道のりが複雑で注文者の元へ辿り着けそうにない場合は、注文者に電話で確認しましょう。(この時も電話代は自腹ですので、注意してください。)

ウーバーイーツ(お客様に電話連絡)

注文者に電話しても繋がらない場合は、アプリ上にカウントダウンタイマーが表示されます。

10分以内に注文者と連絡が取れない場合は、キャンセル扱いとなります。

キャンセルとなった場合でも、きちんと報酬は支払われるため、安心してください。

自分の手元に残った料理は廃棄処分となり、配達パートナーが各自で処分することになります。

そのまま捨ててしまっても大丈夫ですし、食べてしまっても大丈夫です。

酒類(アルコール)を配達する場合

基本的には料理を配達しますが、たまに酒類(アルコール)を配達することがあります。

酒類を配達する場合は、注文者に年齢確認と署名をしてもらう必要があります。

アプリ上に案内が出るため、その指示に従ってください。

20歳以上の年齢確認ができれば商品を渡しても大丈夫ですが、20歳以上の年齢確認ができない場合は、お酒をお店に返却しなければいけません。

商品を受け取ったお店まで戻り、お酒を返却してください。(その際、往復の距離はきちんと報酬として加算されます。)

注文者に料理を渡す

注文者の住所に到着したら、インターホンを鳴らして「Uber Eats(ウーバーイーツ)です!」と伝えましょう。

注文者に料理を手渡しして配達完了です。

配達が完了したら、「配達済み」ボタンを右にスライドして、配達を完了させます。

ウーバーイーツ(配達完了の連絡)

注文者の対応を評価する

「配達はいかがでしたか?」の欄に、注文者の対応を評価できる欄があります。

  • 注文者の対応が悪かった
  • 手渡しするまでに長時間待たされた

など、不快な思いをした場合は、「バッド」ボタンを押しましょう。

(複数の配達パートナーから「バッド」の評価が溜まると、Uber Eats側からお客さんに厳重注意が入ります。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツは3つあります。

1日で2万円稼げる人と、1万円しか稼げない人の違いは、稼げるコツを知っているかどうかです。

コツを理解して、1日の報酬額を増やしましょう。

バイクで配達する

Uber Eatsで稼ぎたい場合は、自転車よりもバイク(125cc以下)がオススメです。

バイクで配達することによって、1件1件の配達スピードが大幅にアップします。

1km走るのに、自転車は約3-4分ですが、バイクであれば1-2分です。

現在地からお店までの移動、お店から注文者の住所までの移動を考えたら、1分でも早く移動できる方が効率よく稼げます。

それに、自転車は疲労も溜まります。

1日中配達するときは、自転車よりもバイクで配達した方が、効率よく配達できるため、報酬額もアップします。

雨の日に配達する

雨の日は、多くの配達パートナーが活動しないため、配達パートナーが不足します。

そのため、通常よりもブーストの倍率が上がったり、クエストが発生したりして、報酬額アップが期待できます。

ブーストとクエストの仕組みについては、以下の記事をご覧ください。

UberEats(ウーバーイーツ)ブーストの仕組み
Uber Eats(ウーバーイーツ)のブーストの仕組みを徹底解説!UberEats(ウーバーイーツ)のブーストの仕組みについて紹介します。「ブーストがつかない」「表示されない」「いつから表示されるのか?」といった疑問にもお答え致します。...
UberEats(ウーバーイーツ)クエストの仕組み
Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエストの仕組みを徹底解説!今回は、ウーバーイーツ(UberEats)のクエストの仕組みを紹介します。クエスト(回数インセンティブ)とは、配達件数に応じて、追加報酬が支払われる仕組みのことです。クエスト発生中に配達をすることで、報酬額をアップさせることができます。 ...

ブーストやクエストを狙って配達する

雨の日以外にも、土日祝日やランチタイム・ディナータイムは注文数が増えるため、配達パートナー確保のために、ブーストの倍率アップやクエスト発生が頻繁に起こります。

ブーストやクエストが発生している状態で配達したほうが、報酬額がアップします。

例えば、下記の写真では、ブーストが2倍になっています。

ウーバーイーツのブースト(2倍)

ブーストが2倍であれば、報酬額も2倍です。

ブーストやクエストが発生しているタイミングで配達をした方が、通常よりも稼ぐことができます。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事の流れを紹介しました。

  • Uber Eatsに登録する
  • Uber Eatsのアプリをオンラインにする
  • 配達のリクエストを受ける
  • お店へ料理を取りに行く
  • お店で料理を受け取る
  • 注文者の元へ配達する
  • 注文者に料理を渡す

流れを覚えれば、そこまで難しいことはありません。

コツを掴んで配達パートナーとしてたくさん稼ぎましょう。

UberEats(ウーバーイーツ)の始め方
Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方!配達パートナーに登録する方法今回は、UberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法を紹介します。配達パートナー(アルバイト)として働くためには、事前登録と本登録が必要です。パソコン(PC)やスマホから登録できますので、気軽に申し込みましょう。 ...