ウーバーイーツの基礎

Uber Eats(ウーバーイーツ)ピンずれの対処方法と申請方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)ピンずれの対処方法

今回は、配達中に発生したピンずれの対処方法と申請方法を紹介します。

ピンずれとは、目的地となる場所(ピン)が正しい場所を示していないことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ピンずれ

私は、今までに3000回以上配達してきましたが、50回に1回はピンずれが発生します。

数メートルから数十メートルのずれで済む場合が多いですが、酷い時は数キロ単位でズレます。

ピンずれが発生した時に、私が実践している方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でピンずれしたときの対処方法(住所がずれる)

ピンずれした時の対処方法を3つ紹介します。

1、グーグルマップに住所を入力

まず、試してほしい方法は、注文者の住所をグーグルマップに直接打ち込むことです。

Uber Eatsアプリの地図は、正確性に欠けるため、住所が正しくても、地図上の表示が間違っているケースが多いです。

そのため、グーグルマップで住所を検索した方が、正しい場所を表示できます。

「あれ?場所がズレている」と思った時は、グーグルマップに住所を打ち込むことで、ほぼ解決します。

ちなみに、最初からピンずれを避けたい場合は、料理を受け取って注文者の住所へ向かう前に、グーグルマップに住所を打ち込んで事前に確認しておきましょう。

事前に確認しておけば、無駄な移動を避けることができ、効率的に配達できます。

2、注文者に問い合わせ(電話かメッセージ)

グーグルマップを使っても解決できない場合は、注文者に電話かメールで問い合わせをしてください。

問い合わせた際には、正しい住所を教えてもらう必要があります。

「すみません、Uber Eatsの〇〇と申します。配達先の住所が地図上でうまく表示されません。お手数ですが、配達先の住所を教えていただけないでしょうか?」と伝えれば、教えてもらえます。

問い合わせの際は、電話よりもメールがオススメです。

なぜなら、電話で住所を伝えられても覚えきれないからです。

メールで文字として住所を送ってもらえれば、聞き間違えなどのトラブルも避けることができます。

急いでいる場合は、メモの用意をして、電話で問い合わせましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文者がいない
Uber Eats(ウーバーイーツ)注文者がいない時の対処方法今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文者がいない時の対処方法を紹介します。相手が不在や留守の場合は、適切な対応をするようにしてください。 ...

3、サポートセンターに連絡

電話やメールで注文者に連絡が取れない場合は、サポートセンターに連絡してください。

「ピンずれで注文者の住所が確認できない」「注文者と連絡が取れない」という旨を伝えれば、サポートセンターで対応してくれます。

注文者と連絡が取れないからといって、その場で待ち続けるのは時間の無駄です。

注文者と10分以上連絡が取れない場合、キャンセルすることもできますので、サポートセンターからの指示に従ってください。

UberEats(ウーバーイーツ)のサポートセンター
Uber Eats(ウーバーイーツ)サポートセンターの電話番号を紹介!今回は、UberEats(ウーバーイーツ)サポートセンターの電話番号とメールで問い合わせする方法を紹介します。サポートセンターは、配達ドライバーのサポート窓口です。事故やトラブルなど、何か困ったときは問い合わせをしてください。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)でピンずれしたときに報告(申請)する方法

次に、ピンずれを報告(申請)する方法を紹介します。

ピンずれを報告することで、Uber Eats側が誤差を修正してくれます。

まず、ドライバー用アプリに表示されている金額部分をタッチしてください。

左側にスライドして、「すべての乗車を見る」をタッチしてください。

ピンずれが発生した配達案件をタッチしてください。

右上の「?」をタッチしてください。

「配車について」をタッチしてください。

「配車に問題があった」をタッチしてください。

「配車について別の問題がある」をタッチしてください。

すると、詳細を記入できる画面に切り替わりますので、「ピンずれがありました」と記入して、「送信」をタッチしてください。

以上で、ピンずれの申請完了です。

まとめ

配達中に発生したピンずれの対処方法と申請方法を紹介しました。

私の経験上、ピンずれは50回に1回は発生します。

ピンずれが発生したとしても、パニックにならないように正しい対処方法を覚えておきましょう。