ウーバーイーツの基礎

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業してもバレない対策法を紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業はバレない

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業が会社にバレない対策方法を紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始めようと考えている人の中には、「会社にバレるのではないか?」と不安を抱えている人も多いでしょう。

ですが、きちんと対策すれば、副業がバレることはありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は副業に最適の仕事です。

身バレ対策をきちんと行い、副収入で収入をアップさせましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業してもバレない対策法

副業が会社にバレるきっかけは、確定申告の方法にあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いて得た所得が年間20万円を超えたら確定申告をして、税金を払わなければいけません。

この税金を払う時に、会社にバレるケースが多いです。

副業が会社にバレるきっかけはほとんど住民税の支払い

サラリーマンの場合、毎月の給料から住民税が天引きされます。(明細書を見れば、毎月住民税が引かれているはずです。)

住民税の納税額は、前年度の所得によって決まります。

そのため、本業とは別に副収入があると、住民税の納税額が増えるため、会社の経理担当者に怪しまれます。

もちろん、社員数が多い会社は、経理担当者も一人一人の住民税など細かくチェックしていないため、怪しまれる可能性は低いです。

ですが、中小企業で社員数が数人〜数十人であれば、経理担当者が細かくチェックできるため、怪しまれる可能性があります。

確定申告でバレないようにすべき

ただし、住民税の納付は、「給料差引き」もしくは「自分で納付」が選べます。

副業で得た所得に対しての住民税は、自分で納付するようにすれば、会社に怪しまれることはありません。

確定申告書の住民税
確定申告書の住民税

確定申告書をしたことがない人は分かりにくいかもしれませんが、住民税の支払いを自分で行えば、会社にはバレませんので安心してください。

年間所得が20万円以下なら確定申告は不要

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)での所得が年間20万円以下であれば、確定申告は不要です。

住民税を納付する義務も発生しないため、脱税対象になることもありません。

ただし、20万円以上の報酬が発生した場合は、必ず確定申告を行なってください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告と税金について
Uber Eats(ウーバーイーツ)の税金と確定申告を徹底解説!今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の税金と確定申告について紹介します。副業は20万円以上、学生や主婦は38万円以上であれば確定申告が必要です。所得税や住民税の納付義務が発生するため、得た報酬に対してきちんと税金を払うようにしましょう。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業がバレるケース

ただし、100%バレないワケではありません。

在宅の副業であれば、確定申告で対処すれば問題ありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は人目につく仕事です。

税金面で対策をしても、Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業はバレるケースがあるので注意してください。

配達中に上司や同僚に見られる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達が主な仕事です。

そのため、お店で料理を受け取る時や配達中に、会社の上司や先輩に見られる可能性があります。

会社関係者が周辺にいる可能性がある場合は、他人と目が合わないように、帽子を被ったり、マスクをしたりといった工夫が必要となります。

配達先が会社の関係者

配達先が会社の関係者だった場合もバレる可能性があります。

基本的に料理は手渡しになるため、注文者と目が合う可能性が高いです。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文する人は、お金持ちの人が多いです。

なぜなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文すると、通常料金に配送料が加わるため割高になります。

私も、何千件と配達していますが、注文者は高層マンションに住んでいる人が多いです。

中小企業の社員であれば、経済的にもそこまで裕福でないため、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用していない可能性が高いです。

Uber Eatsのドライバー用アプリの写真

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達パートナーの顔写真が、注文者に見える仕組みになっています。

そのため、会社関係者が、あなたの顔を確認すると、バレる可能性があります。

少しでも身元がバレるリスクを下げるためには、会社の人が住んでいるエリア以外で配達するようにしましょう。

職場の人が住んでいる場所を把握して、その地域を避ければ、顔を見れるリスクを下げることができます。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業がバレない対策方法を紹介しました。

税金面では、確定申告の際に、住民税を「自分で納付する」を選べば、会社にバレることはありません。

ですが、配達中に顔を見られるリスクはあります。

顔バレのリスクを避けるためには、「帽子やマスクで顔が見えないようにする」「会社から離れたエリアで配達をする」しかありません。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する人は、高所得者が多いです。

中小企業の社員であれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する可能性は低いため、顔を見られる可能性は低いと思います。

私も、副業禁止の企業に勤めていますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業しています。

1年以上配達していますが、バレたことは一度もありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、一般的なアルバイトよりも高時給です。

副業としても最適なので、今回お伝えした対処方法を参考にして、Uber Eats(ウーバーイーツ)を始めてみましょう。

UberEats(ウーバーイーツ)の始め方
Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方!配達パートナーに登録する方法今回は、UberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法を紹介します。配達パートナー(アルバイト)として働くためには、事前登録と本登録が必要です。パソコン(PC)やスマホから登録できますので、気軽に申し込みましょう。 ...