ウーバーイーツの基礎

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?配達の仕組みや登録方法を徹底解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)って何?」という人向けに、Uber Eatsの概要から仕組み、登録の方法まで、具体的に解説していきます。

Uber Eatsは、テレビ番組やラジオでも紹介されており、年々、知名度が上昇しています。

Uber Eatsには、主に2つの活用方法があります。

  • 料理を自宅まで届けてもらう(注文者として活用)
  • 料理を配達してお金を稼ぐ(配達パートナーとして活用)

ここでは、配達パートナー目線から、Uber Eatsを紹介します。

高報酬を獲得できる新しい働き方なので、Uber Eatsについて理解して、隙間時間に活用していきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、2016年9月29日に、東京で開始されたデリバリーサービスです。

注文者がスマホアプリ上で注文をすると、レストランにオーダーが入り、配達パートナーが注文者の自宅へ直接届ける流れになります。

スマホ1台あれば簡単に料理を注文できるため、「忙しいビジネスマン」「外出したくない人」「楽をしたい主婦」など、あらゆるユーザーが活用しています。

一般的なデリバリーサービスの難点

一般的なデリバリーサービスは、お店の店員が配達する形式でした。

例えば、弁当屋であれば、弁当屋の店員が配達していました。

ですが、自前で配達をすると、お店側にはデメリットがあります。

  • 配達パートナーの人件費
  • バイクなどの維持費
  • 注文を受けるときの電話対応

お店が忙しいときには、すぐに配達できないときもあり、お客さんを待たせてしまう難点もありました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が出前システムのデメリットを解消

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、お店とお客さんの中間に入り、注文や支払いの管理を行っています。

なので、お店側はお客さんとやりとりをする必要が一切ありません。

配達パートナーの人件費やバイクの維持費を一切かからなくなるため、今までよりも気軽に出前を引き受けることができるようになりました。

それに伴い、Uber Eatsに登録する店舗も増え、料理をは配達する配達パートナーにも仕事が回ってくる仕組みが出来上がっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

ウーバーイーツの全体像

Uber Eats(ウーバーイーツ)の具体的な仕組みとしては、以下のようになります。

  • 1.注文者が料理をオーダーする
  • 2.Uber Eatsがお店に料理の依頼をする
  • 3.お店が依頼を受ける
  • 4.Uber Eatsが配達パートナーに配達依頼をする
  • 5.配達パートナーが依頼を受ける
  • 6.配達パートナーがお店に商品を取りに行く
  • 7.お店で商品を受け取る
  • 8.配達パートナーが注文者の元へ配達
  • 9.料理を手渡し

料理を注文してから、注文者の元へ30分前後で料理が届きます。

他のデリバリーサービスは、注文してから1時間前後はかかるため、その半分以下の時間で料理が届く画期的な仕組みとなっています。

UberEats(ウーバーイーツ)の仕組み
【図解】Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを徹底解説!今回は、UberEats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みを解説します。ウーバーイーツの配達員になれば、隙間時間を活用して月に10万円以上稼ぐことができます。また専業になれば、月30万円以上稼ぐことも可能です。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達するときの流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの流れは以下のようになります。

  • Uber Eatsに登録する
  • Uber Eatsのアプリをオンラインにする
  • 配達のリクエストを受ける
  • お店へ料理を取りに行く
  • お店で料理を受け取る
  • 注文者の元へ配達する
  • 注文者に料理を渡す

Uber Eatsの配達パートナーは18歳の学生から、60歳以上の定年退職者までさまざまです。

誰でも簡単に働けるような仕組みとなっているため、

  • 会社員の副業
  • 専業主婦や学生のお小遣い稼ぎ
  • 定年退職者のセカンドキャリア

など、さまざまなニーズにマッチした働き方となっています。

UberEats(ウーバーイーツ)の流れ
Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するときの流れを徹底解説この記事では、UberEats(ウーバーイーツ)で配達するときの具体的な手順を紹介します。初めて配達パートナーとして仕事(アルバイト)をする場合、全体の流れを把握した方が効率良く進めることができます。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法

一般的なアルバイトと違って、履歴書や面接は必要ありません。

ネット上で行う事前登録と、パートナーセンターで行う本登録を済ませれば、誰でも配達できるようになります。

登録料も無料です。

UberEats(ウーバーイーツ)の始め方
Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方!配達パートナーに登録する方法今回は、UberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法を紹介します。配達パートナー(アルバイト)として働くためには、事前登録と本登録が必要です。パソコン(PC)やスマホから登録できますので、気軽に申し込みましょう。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことには、メリットとデメリットがあります。

メリット
  • メリット1.高い報酬を獲得できる
  • メリット2.自分のペースで仕事ができる
  • メリット3.人間関係の悩みがない
  • メリット4.週払いのため、すぐに報酬が振り込まれる
  • メリット5.運動不足解消・ダイエットになる
  • メリット6.お店に詳しくなれる
  • メリット7.ゲーム感覚で働ける
  • メリット8.誰でも簡単に始められる
デメリット
  • デメリット1.サボると稼げない
  • デメリット2.時給が800円を下回る時がある
  • デメリット3.初期費用がかかる
  • デメリット4.季節や天候に左右される
  • デメリット5.交通事故による怪我は自己責任
  • デメリット6.自転車での配達は疲労が溜まる

デメリットもありますが、個人的にはメリットの方が大きいと思います。

一般的なアルバイトは時給が固定されていますが、Uber Eatsは配達件数によって、時給が1,400円を超えるときもあります。

私が、初めてUber Eats(ウーバーイーツ)で配達した時は、1日で18,000円ほど稼げました。

隙間時間に自由に働けるという魅力もあるため、本業はもちろん、副業やお小遣い稼ぎに最適の仕事です。

UberEats(ウーバーイーツ)のメリットとデメリット
Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット【配達パートナー編】ウーバーイーツの配達員として働くメリット・デメリットを紹介します。UberEatsは他のバイトよりも自由に働きつつ、高時給を実現できます。お金を稼ぎたい人は、ウーバーイーツを始めましょう。 ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達可能エリア

2019年5月時点で配達できるエリアは、以下の9つです。

  • 東京都(23区)
  • 千葉県(市川市、船橋市、習志野市、浦安市)
  • 神奈川県(横浜市、川崎市)
  • 埼玉県(さいたま市、戸田市、蕨市)
  • 愛知県(名古屋市)
  • 大阪府(大阪市)
  • 京都府(京都市)
  • 兵庫県(神戸市、芦屋市、西宮市)
  • 福岡県(福岡市)

自分が住んでいる市でなくても、配達パートナーに登録できます。

近いエリアに住んでいるなら、一度試してみてはいかがでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの口コミや評判

まとめ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?」について説明してきました。

Uber Eatsの配達パートナーに慣れば、隙間時間にお金を稼ぐことができます。

特別な資格も必要ありません。

  • 社会人の副業
  • お小遣いが欲しい大学生や主婦
  • 定年後のセカンドキャリア
  • 運動不足解消
  • ダイエット

などさまざまなニーズがあります。

コツを掴めば、時給1,500円以上も可能なのです。

まずは、登録して、好きな時間に好きなだけ稼げる新しい働き方を始めてみましょう。